旅人ブログ

過去つあれぽ『葡萄の寺「大善寺」御開帳 と 2つのワイナリーめぐり ワイナリー直営レストランで頂くマリアージュランチ』

2022.10.11

気付けば今年も残り3ヶ月…皆様いかがお過ごしでしょうか。

台風が直撃したり、急に気温が下がったり、季節の移り変わりに翻弄されております。。

さて、過去のつあれぽです!

4年前のちょうどこの時期のツアーです。まだコロナ前でみなさんでワイワイと楽しんで飲食できていた頃が懐かしいですね。

*********************

葡萄の寺『大善寺』御開帳 と 2つのワイナリーめぐり
ワイナリー直営レストランで頂くマリアージュランチ

【日程】2018年10月 8日・12日  【行先】山梨県

 今回は、ワインと食事の相性を楽しむ“ワインマリアージュ”をテーマにしたツアーの報告です。
 まずは、“ぶどうの寺”と言われる『大善寺』の5年に一度の御開帳を見に行きました。とあるテレビドラマの撮影に使われた事もあり、最近話題になっていて、とても賑わっていました。御開帳で特別に公開している薬師如来の左手にはなんと葡萄が!葡萄は中国から薬の一種として伝わったことから、このような薬師如来になったとか。秘仏を拝観した後は、お寺の境内にある醸造所で作っているワインを頂きました。実は、御開帳期間中はワインの提供は控えているそうで、他のお客様は断られていました。10月12日のツアーでは、TV朝日の取材が来ていて、夕方のニュースでたびゅーとも全国デビューしちゃいました!

 続いて、たびゅーと初登場の『フジッコワイナリー』へ。お豆さんや、塩こんぶが有名ですが、先代のワイン好きが高じて、こだわって丁寧にワインを作っているワイナリーです。「ワイン好きがたくさん来ます!」と下見の際に伝えておいたので、当日の案内役の久木元さんもかなり熱のこもった案内をして下さいました。通常、試飲には出さないワインまで出して頂き、試飲とお買い物を思う存分楽しめました。

 そして、いよいよメインの“ワインマリアージュランチ”です。たびゅーとが何度もお世話になっているワイナリー『ドメーヌQ』で、オーナーであり、ワイン醸造家の久保寺氏の案内で葡萄畑や醸造所の見学をして、最後にレストランでの食事です。今回の為に作ってもらった特別コースを、久保寺氏の解説を聞きながら、食事とワインを楽しみました。最初のうちは、「この料理にはこのワインだねー」と、相性を感じながら食事をしていましたが、次第に酔いがまわり、ほとんどの人が「ワインたくさん飲めてうれしい!食事美味しい!」と、時間を忘れて食事を楽しんでいました。私も仕事で来ているとは思えないぐらい幸せな時間でした。ちなみに飲んだワインの種類は、5種類、ワインショップの試飲を合わせると7~8種をグラスでしっかり楽しみました♪

 “ワインが好き”というお客様が集まり、美味しいワインと美味しい食事が出てくれば、結論としては、「とにかく楽しいツアー」になる事が分かりました。ただ、その要素の中に、どの施設も“ワインが好きな人たち”を快く迎えてくれる“ワインを愛する人”のもてなしがあったのは言うまでもありません。「またやって欲しい」というご意見をたくさん頂きましたので、是非また開催したいと思います。参加した方はお知り合いを誘って、来られなかった方はぜひ次回ご参加ください。

  

たびゅ~と  大西 広朗

過去つあれぽ『話題の人気劇「めんたいぴりり」と 都内で福岡訪問 水炊き料亭「博多華味鳥」ランチ & 福岡アンテナショップ』

2022.09.26

過去のつあれぽです!

3年前の今頃のツアーをピックアップしてみました。

ただいまパンフレット秋冬号に向けて企画を進めております!

*********************

話題の人気劇「めんたいぴりり」と 都内で福岡訪問
水炊き料亭「博多華味鳥」ランチ & 福岡アンテナショップ

【日程】 2019年9月27日  【行先】東京都

今回の観劇ツアーは、参加者21名という少人数で開催しました。正直、残念でした。なぜなら、とっても面白い舞台だったからです!この“めんたいぴりり”の“舞台”は博多。「めんたい」を作り出す事に人生を掛けた「ふくや」の社長の物語です。ですので、都内で「福岡ツアー」をやろう!となったのです。作り手の自分が言うのも何ですが、テーマに合ったとても心地よい旅行だったと思います。

 最初に訪れたのは、福岡でも人気を誇る“水炊き”の「華味鳥」。今回は銀座4丁目店にお邪魔しました。半個室の様な空間にそれぞれゆったり座り、運ばれてくる鶏料理を堪能。ランチタイムと言う事で、名物“水炊き”を1人鍋で出して貰ったのですが、白湯スープが美味しく大満足でした。時間がとてもかかると聞いていたのですが、素早く出して貰った為、時間的にも余裕があり幸先の良いスタートです。

 

 次の目的地は有楽町の「交通会館」。ここには10店舗以上のアンテナショップが集まっていて、日本全国の物産が買えると言っても過言ではありません。勿論、今回のお目当ては“福岡県”!全員で福岡のアンテナショップ「ザ・博多」に向かい、ここで解散。皆様は、福岡のお土産を始め、思い思いに日本全国のお土産を買っていました。
 
さあ、いよいよ明治座で「めんたいぴりり」鑑賞です。開演1時間前に到着したので、集合写真を撮った後、すぐ近くにある「甘酒横丁」の散策時間にしました。夜が遅いので、私は「人形町今半」ですき焼弁当を買って、幕間に食べる事にしました。
 戻る頃には明治座も開いていて、売店も賑わっていました。そして、いざ開幕!主演の博多華丸さんと酒井美紀さんが舞台を走り回るドタバタ劇ですが、言葉で言い表せないのですが、とにかく終始笑いが絶えない元気が出る舞台で、あっという間の2時間半。気が付いたらエンディングを迎えていました。
 そのエンディングでは、映像のみの出演だった主演の相方・博多大吉さんが花束を持って登場したり、藤井隆さんが呼ばれて僕らのすぐ近くの客席から舞台に出て行ったり、客席は大騒ぎでした。おかげで思い出に残る観劇になりました。もう感激!

 この様な舞台や歌舞伎などの旅行を、年に数回行っています。チケットを取る手間も、帰りの満員電車に乗る苦労もなく、一日楽しめます。まずは1月、落語ツアーです。皆様のお越しをお待ちしております。

夏期休業日のお知らせ

2022.07.26

下記の通り夏季休業となりますのでお知らせ致します。

8月5日(金)まで     通常営業(10:00~16:00)
8月6日(土)~15日(月)   夏季休業
8月16日(火)から      通常営業(10:00~16:00)

夏季休業中は、留守番電話に「出発日」「名前」「人数」「連絡先」をお入れ下さい。

16日以降に連絡させていたします。

過去つあれぽ「江戸東京たてもの園・深大寺・神代植物公園」

2022.07.20

過去のつあれぽです!

ただいま秋のツアーのパンフレット制作中です。お手元に届くまでもう少しお待ちください♪

今回は2年前のツアーをご紹介します。

*********************

江戸東京たてもの園・深大寺・神代植物公園
日本庭園を見ながらランチ「水神苑」の深大寺そば

【日程】2020年7月15日・17日・21日・29日・30日 【行先】東京都

久しぶりのバスツアーは、東京都小金井市の『江戸東京たてもの園』と、
調布市の『深大寺』を巡る日帰り旅行でした。
コロナ後、5か月ぶりのバスツアーでした。
まずはいつものように受け付け、そして検温。
おでこ失礼します、ピッ、皆さまスムーズな検温のご協力ありがとうございました。
バスに乗る際には、ステップの所でアルコール消毒液。バス会社でも、たびゅーとでも用意しました。
手を消毒して乗車。
バス車内は、一人2席にしました。
密を避けるだけでなく、荷物を棚の上ではなく自分の隣に置けるのが楽ですね。
全員お揃いになり出発!久々のバスの挨拶は緊張しますね。
車内の換気も心配だと思いますが“外気循環モード”のため、約5分で空気が入れ替わります。
空気がこもらなくて、これも安心材料の一つですね。
高速道路のパーキングエリアでお手洗い休憩。
休憩からバスに戻ったら、また手の消毒。
皆さま、日常生活でも慣れてきているのか、消毒もスムーズでした。
そして『江戸東京たてもの園』へ。
江戸東京たてもの園は、江戸から昭和初期までの東京の歴史的価値のある建物を移築復元し、展示されている野外博物館です。
入園時には、都の職員さんによる検温&アルコール消毒。ご協力ありがとうございました。
ここは、野外博物館なので、基本的には外を歩いて見学。一部、換気の良い建物内には入ることもできました。
特に、昭和初期の下町の銭湯には、皆さま「懐かしいわねー」と昔を思い出している方が多かったです。
続いて、深大寺近くの『日本料理 深大寺水神苑』へ。
2018年に当時の皇太子も食事に訪れたお店で、蕎麦御膳を頂きました。
ここでも、お食事会場に入る前に、また検温&消毒。お席も透明なアクリル板で対策バッチリ!
少人数とはいえ、団体でのお食事でしたが、やっぱり安心して頂けました。
久しぶりの外食だった方もいらっしゃったようで、気晴らしになったようでした。
お蕎麦、天ぷらからデザートまで、素敵なお食事でした。

  
食後は、深大寺周辺を散策。武蔵野の雑木林に囲まれた寺周辺や植物園をお散歩すると、
なんだか心が洗われる様で、近い距離でありながら、しっかりと旅行気分が味わえました。
もっとのんびりしたい気持ちを残しつつ、帰路へ。
夕方16時~17時ぐらいには地元駅前で解散。
約10時間の旅行でしたが、やっぱりバス旅行って楽しいなーと感じた一日でした。
バスでも、観光地でも、コロナ対策はしっかりとしています。
絶対に安全とは、もちろん言い切れませんが、
今回、ご参加できなかったお客様にも、バス旅行の様子が少しでも参考になればと思います。
弊社では、今回掲載のツアーでも、一人2席の人数制限は引き続き継続して参ります。
たびゅーと 川崎

過去つあれぽ『宇都宮「若竹の杜」で美しい竹林散策の散歩&抹茶 地下の絶景「大谷資料館」&豆腐と湯葉の店「月山」の昼食』

2022.07.06

過去のつあれぽです!今回は3年前の7月のツアーをご紹介します。

*********************

宇都宮「若竹の杜」で美しい竹林散策の散歩&抹茶
地下の絶景「大谷資料館」&豆腐と湯葉の店「月山」の昼食

【日程】 2019年7月 11日 ・ 17日 ・ 19日 ・20日  【行先】栃木県

皆さん、突然ではありますが、去年の夏を思い出してみて下さい。
最高気温を更新するぐらい、ものすごーく暑い日々が続きましたよね(汗)
体温より気温が高い日々が続き、外に出るのも辛かった・・・。なので今年は、少しでも“涼しさ”を感じられる場所に行こう!と宇都宮に行きました。

今回初めてたびゅーとで訪れた「若竹の杜 若山農場」
 ここは竹を親子3代以上に渡り手入れしている竹林が自慢の農場。東京ドーム5個分もある広い農場です。案内を聞きながら竹林散策。お馴染みの竹から、全く知らなかった竹などを見ながら、色々な竹の話を聞きました。竹林の中に入ると日陰が多く、吹き抜ける風も心地よく感じられ、しっかりと涼めました。その後は抹茶タイム。竹のイスに座り、竹の器で頂く抹茶が美味しかった~!抹茶と共に出された「御栗」と言うお茶受けのお菓子も美味しかった~!!こちらのお菓子は、若山農場で無農薬栽培された栗を使ってるそうです。筍や栗の季節にも来たい農場でした。

 

栃木名物の豆腐と湯葉の昼食「月山」
 竹林散策でお腹も空き、いよいよ昼食。今回は豆腐と湯葉を使った昼食です。3段重ねの茶壷弁当と桶豆腐でした。3段重ねということで開けてみるとビックリ!生湯葉や豆腐やおからを使った料理が鮮やかに並んでいました。豆ごはんはお替り自由、桶豆腐もかなりの量。皆さんお腹いっぱいになりました。          

 

巨大な地下採掘場跡である「大谷資料館」
 今では映画やドラマ、歌手のプロモーションビデオ撮影に使われていますが、ここは昭和61年まで大谷石を採掘していた場所。昭和30年頃まではなんと手彫りで採掘してたんだそうです!階段を下りて地下に進むと、巨大な地下空間。壁にはツルハシで採掘していた跡が至る所に残ってます。それだけでも凄いのですが、ここは気温が年間を通じて約10℃。ひんやり?寒い??暑い夏にはピッタリでした。冷蔵庫の中にいるみたいでもっと居たかったなぁ~(笑)

 今回の旅行のテーマ“涼しさ”を感じる場所を巡った、夏だけど涼しい旅になりました。暑い日が続きますが、体調管理にお気を付けて頂き、また元気にたびゅーとの旅行でお会いできる日を楽しみにお待ちしております。

たびゅーと 新井 知広

過去つあれぽ『会津・猪苗代 古寺巡り“会津ねがい旅” 会津東山温泉「原瀧」宿泊』

2022.06.29

過去のつあれぽです!4年前のツアーとなります。

 

ちなみに、今年の7月の宿泊ツアーはこちら!! ↓↓
【1泊2日 最大32名】
白馬の絶景 マウンテンハーバー と スキージャンプ競技場
シェラリゾートの絶品ランチ と 県境の秘湯・姫川温泉「翠泉閣」
http://tabyu-to.com/page-tour/220719a/

残り数席空いております。夏の宿泊旅行にぜひ一緒に行きましょう!

 

*********************

会津・猪苗代 古寺巡り“会津ねがい旅”
会津東山温泉『原瀧』宿泊

【日程】2018年7月17日~18日 1泊2日  【行先】福島県

 今回は、7月の宿泊ツアーについてご報告です。
 平安時代初期、奈良で仏教を学んだ僧・徳一(とくいつ)が、会津磐梯山の麓に開創した慧日寺によって、ここから東北地方に仏教文化が広まりました。その為、会津には古刹、名刹が数多く残っており、2016年、文化庁により、「会津の三十三観音めぐり」が日本遺産に認定されました。

 その中で今回のツアーでは、日本遺産に指定されている6ヶ寺を訪ねました。
 1日目は、会津旅行では定番の「飯盛山」にある「さざえ堂」へ。こちらも日本遺産に指定された場所です。現地案内人による白虎隊の悲しいお話を聞きながら白虎隊のお墓参りをし、なんとも不思議な螺旋構造の観音堂「さざえ堂」を、みんなでグルグル回って拝観しました。
 今回のツアーで、定番の観光地はここぐらいでしょうか。他は、普段のツアーでは行く機会の無い場所を選びました。猪苗代三十三観音の第一番札所である「観音寺」、仏教文化発祥の「慧日寺跡」、山奥の滝のほとりの小さな観音堂「滝沢観音堂」、柳津町の崖の上の立派な寺「圓藏寺」、平安時代の観音様が多く保存されている「勝常寺」の5ヶ寺。

 特に皆様に満足して頂けた場所は、滝沢観音堂、勝常寺でした。
 滝沢観音堂は、観光バスでは行けない山奥の細道の先にあるので、今回は旅館のマイクロバスを特別にお借りし、朝一番に行きました。滝を背に静かに佇む観音堂が、朝の爽やかな森と滝の空気により、より一層特別な雰囲気がありました。朝から約1.5kmも歩きましたが、皆様、満足された様でしたので、選んで良かったです。
 勝常寺は、特別にお寺の方の説明付きで、通常だと拝観できないお堂の中を見せて頂き、手の届くような距離や通常では見る機会のない真横から、平安時代の観音様、仏像を見ることが出来ました。

 暑い2日間でしたが、泊まった東山温泉「原瀧」では、ご希望のお客様には特別の“川床席”での夕食となりました。昼間は暑くても夜は川を吹き抜ける風がとても心地良く、せせらぎの音を聞きながらの食事は格別でした。旅行でないと、このような場所で食事をする経験はほとんどないので、特別な夜になったのではないでしょうか。通常の夕食も、地元食材が詰まった素敵な夕食でした。どちらの夕食も朝食も美味しく頂きました。 

 今回のツアーで、会津の6ヶ寺を巡りましたが、私達も下見を2回行い、ツアーではどの寺に行くか、選ぶのにとても悩みました。まだまだ皆様にご案内したいお寺がたくさんあります!そこで、来年春に会津第2弾を企画しております。今度は、桜の時期に、桜と寺を楽しむ1泊2日です。今回訪ねていない喜多方地域を中心に予定しています。今回ご参加頂いた方、これを読んで頂き興味を持って頂いた方、ぜひ春に一緒に行きましょう!次回の旅の詳細は、冬頃に発表予定です。

  

たびゅ~と  川崎 敦

過去つあれぽ『3列シートバス! クレマチスの丘 と 秩父宮記念公園 駿河湾と静岡食材を楽しむ「日本料理 テッセン」』

2022.06.14

4年前のツアーの様子です。3列シートバスという特別なバスで、快適にゆったりとしたバス旅をご提案させていただきました。
まだ受付中のツアーで、ゆったりとバスに乗りたい方は↓↓

【たびゅーとプレミアムツアー】【 トイレ付バス最大26名】
東村山の名店「草門去来荘」で頂く夏の懐石膳
町田ダリア園 と 多摩美術大学美術館
http://tabyu-to.com/page-tour/220713a/

季節のお花を見に行きたい方は↓↓

幻想的なあじさい池 と 話題の石切山脈 特別見学
医食同源・地産地消の薬膳中華茶房「三笠」のランチ
http://tabyu-to.com/page-tour/220704a/

ご参加お待ちしております♪

*********************

3列シートバス! クレマチスの丘 と 秩父宮記念公園
駿河湾と静岡食材を楽しむ「日本料理 テッセン」

【日程】2018年6月1・5・7・8日  【行先】静岡県

 今回は、3列シートバスの旅を紹介します。3列シートバスは、大型バスに24席しかなく、しかもトイレ付きのバスです。その為、座席が大きくゆったりとしていて、新幹線のグリーン車感覚で座れるのが特徴です。

 まずは、秩父宮記念公園へ。戦中に殿下が過ごされた重厚感有る茅葺の母屋や、花を愛した殿下らしい庭園をガイドさんと見学しました。今回は特別企画として散策の合間にお抹茶で一服。日によっては茅葺屋根を煙で“いぶす”時間にあたり、なんだか懐かしい香りの中で見学できました。

 次は昼食と庭園散策をする「クレマチスの丘」へ。自然に囲まれた丘に美術館が点在するアートリゾートは5~10月は色とりどりの花に包まれます。その中でも5月下旬~6月中旬はクレマチスの最盛期で、駐車場を降りるとたくさんの種類のお花が出迎えてくれました。お食事はリゾート内の一角にある竹林に囲まれた食事処「テッセン」で会席和食です。なんとも上品な器に美しく盛り込まれた料理は、見て美味しい、食べても美味しい料理が続きました。陶器が好きな方は、お皿を色々な角度からまじまじと観ていましたね。

  
 食後は、隣接のクレマチスガーデンのある「ヴァンジ彫刻庭園美術館」へ。美術館の現代アートもさることながら、やはりこの時期はクレマチスが主役!
皆さんが庭園のお花をゆっくり見ている姿が印象的でした。この時期はクレマチスだけでなく、バラも最盛期を迎えていて、2種の花の共演が本当に見事でした。また、広々とした芝生の庭園の中では、その他の種類の花も見て歩く事ができ、更に満足しました。
 添乗員である私は庭園の奥にひっそりとある オープンカフェでしばしティータイム…。お花に包まれてとてもいい香りなのですが、日陰の無いカフェは日差しが強くて15分でギブアップ…、席を立ってしまいました…トホホ。
  「ヴァンジ彫刻庭園美術館」を後にして、次の美術館へ。写真美術館・井上靖文学館なども有りますが、今回は送迎バスで5分の「ベルナール・ビュフェ美術館」へ。フランス人画家ビュフェの作品は独特の強いタッチと筆使いで、センセーショナルな作風が印象的です。戦中戦後の作品が多く、心に強く打ちつけてくるような迫力がありました。日本人画家との共作も有名で、その作品群は一つの部屋に空間を利用して展示してあります。言葉では伝わり辛いので是非自身で体感してみてください。

 今回の企画は、「おいしい(食事)」と「ゆったり(アートリゾート)」を感じて頂きたくて作った旅行です。3列シートバスの企画の際には、いつもの旅行より、より“ゆったり感”を意識して作っています。また、バス車内でも、席がも広いせいか自然と話し声も少なく、皆さんがいつもより静かに“ゆったり”過ごされている気がします。ツアー内容も乗降を少なくしてのんびり、バス車内でも安心してお休みいただける空間、そんな3列シートバスの旅行に、是非一度来てみてください。   

たびゅ~と  朝木 哲也

北九州4日間レポート

2022.05.20

2022年5月15日~18日 北九州4日間

 

今は集合写真を撮っていないのですが、撮りたくなったので2枚だけパシャリ。

今はお送りできないので、参加者の皆様はこちらからお取りください。

※スマホで縦画面で見ると写真が伸びてしまうかも…横画面でご覧下さい

 

個人的に撮ってきた写真も掲載しておきますね。

NHKの大河でも丁度このシーンが放送されたばかり

個人的に憧れていた関門海峡の海底トンネルです

門司港で泊まった船の形をしたホテル

門司港は夜も素敵です。中心地のホテルならではの夜景観賞。

大島に渡って参拝した「宗像大社中津宮」

島の昼食は絶品でした!

こちらは宗像大社の100段の階段の上にある「高宮斎場」

15年ぶりの屋台の味、「ぴょん吉」のラーメン最高でした!

秋月の城跡にある黒門は素敵でした

杖立温泉のもみじ橋には、絵馬ならぬ絵鯉がかかってます。そして、絵ハガキとしても送れる♪

静かな温泉街では、「むし場」で卵を蒸して作る体験が楽しめます。

旅館の夕食です。あ、ビールはお客様からの差し入れです♪ごちそうさまでした♪♪

最終日は、新1000円札の肖像・北里柴三郎の記念館へ

湯布院のおしゃれなレストラン「ケリカス」でこの旅の〆です

4/2 かまくらあるき「和菓子作り体験」

2022.05.15

ご参加者の皆様、大変遅くなりました。

4月2日に開催したかまくらあるき「和菓子作り体験」のレポートと写真の紹介です。

  

材料はこちら!まずは講師の…いや、鯉之助の副料理長が見本を見せてくれます。

 

桜の時期なので、桜の和菓子をみんなで一緒に作ります。

おっと。これは米山ファンの皆様へのサービスショットです♪ お茶目な職人さんです。

2つ目はご自身で好きなものを作ります。

さあ、最後にみんなで見せ合いましょう!

1つは食後に食べて頂き、残りは持って帰って頂きます。

  

これはうちの川崎が作った迷作…でも、お皿に載せると、高級和菓子みたい♪

和菓子作り体験が終わったら、十三人をイメージした昼食膳です。

終了後は、ガイドの菅原さんの案内で鶴岡八幡宮を歩きました。

桜が丁度満開になり人でもすごかったですが、気持ちいいお天気で何よりでした。

 

鎌倉殿にまつわる鶴岡八幡宮の案内が終わったら、

最後に八幡様の中にある「鎌倉大河ドラマ館」に行き、解散でした。

※画像は2月の内覧の際の写真です

 

ご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。

過去つあれぽ『農家直営レストラン「完熟屋」のかご盛りランチ 甘い桃狩り&ブルーベリー狩り と 野菜ミニ収穫体験』

2022.05.18

過去のつあれぽです。

2022年の桃狩りツアーも公開されました!
過去の桃狩りツアーもとってもよさそうですね。

*********************

農家直営レストラン「完熟屋」のかご盛りランチ
甘い桃狩り&ブルーベリー狩り と 野菜ミニ収穫体験

【日程】7月18・20・21・22・29日  【行先】山梨県

  

 今回は7月の「桃&ブルーベリー&野菜狩りツアー」のレポートです。日によって回る順番が違いますが、土曜日バージョンでお伝えします。

 今回、昼食でお世話になったのは、甲州市塩山にある「完熟屋」。元々は、農業を志す若者が集まって始めたぶどう農家で、自分達が作った農産物を多くの人に食べてほしいと立ち上げたのが「完熟屋」です。まずは、お店で使う野菜を作っている畑に行き、野菜へのこだわりや農業への熱い気持ちなどを語って頂いた後、野菜のミニ収穫体験をさせて貰いました。日本の農業の未来はきっと明るいです!

 畑の後は「完熟屋」へ。築120年の古民家を、自分達の手で改装した素敵なお店です。採れたて新鮮野菜を使った籠盛りランチは、改めて野菜の美味しさを感じられる素敵な食事でした。完熟屋さんにとっては、食事だけでなく畑まで見せて頂くのは初めての試みだったのですが、このツアーの為に一緒に考えて頂きました。また直接来たいという声があったので…、◆完熟屋◆TEL:0553-39-9651(JR中央線の塩山駅より徒歩10分、特急も止まる駅なので個人旅行中にも寄りやすいので是非どうぞ!)

 続いての桃狩りと食べ放題は、勝沼の「金原園」へ。桃は、花の段階から計算すると99%を間引きして、残り1%の実に甘さを集中させて、この美味しい桃を作り上げるそうです。そんな桃を1個、直接木からもぎ取ってお土産に。桃のもぎ取りは、初体験の方も多かった様です。その後は、予め収穫して冷やしてくれていた桃を食べ放題!どの桃も甘くておいしー!ジューシー!!ほとんどの方が3~5個ぐらい召し上がっていた様でした。すごい!

 そしてブルーベリー狩り食べ放題は、鳴沢村へ。鳴沢のブルーベリーは、とても美味しくお勧めです。甘いものから酸っぱいものまで、手が止まりません!籠を渡されて、量り売りで持ち帰りが出来るので、ジャムなどにする為にたくさん摘み取っている方も多かったです。個人的には、凍らせてシャーベットにして食べるのもお勧めです。

 日本人一人あたりのフルーツ消費量は、先進国の中で最下位だそうです。これからは、今までよりもちょっと多くフルーツを食べてみてはいかがでしょうか。消費量は最下位でも、美味しさは世界一です!今年は、イチゴ、ビワ、サクランボ、桃、ブルーベリー、シャインマスカット、メロン、枯露柿(12月にツアーあります)と、多くのフルーツ狩りのツアーを企画しました。また来年もたくさん企画しようと思います。是非また一緒にフルーツを食べに行きましょう!

たびゅ~と 川崎 敦

*********************

この記事を読んで行きたくなった方は、下記よりお申込みを!ご参加お待ちしております♪

6月のさくらんぼ狩りツアーはコチラ↓↓

【最大32名まで】
大満足の食べ放題さくらんぼ狩り と 今だから行きたい山梨の名所
忍野八海・富士山パノラマロープウェイ・新名物!ほうとうパスタ
http://tabyu-to.com/page-tour/220610b/

7月の桃狩りツアーはコチラ↓↓

【最大32名まで】
やまなしの夏満喫!人気の桃狩り と 農園レストランのランチ
八ヶ岳山麓「平山郁夫シルクロード美術館」解説付で鑑賞
http://tabyu-to.com/page-tour/220721a/